早駒運輸株式会社
早駒運輸 事業案内
引船業
繋離船業
旅客船業
警戒船業
海上防災業
ISO
会社概要
お問い合わせ
神戸シーバス
日本繋離船協会
日本繋離船協会
引船業
引船業

タグボートと言われる船で何千トンから何十万トンもの大型船舶を安全かつ迅速に着離岸させることが主業務です。

タグボートは全長30-40メートルの船体に360度旋回するZペラと高出力馬力機関により、縦横無尽に移動・旋回できるだけでなく、微速での前後進ができる優れた操縦性能を誇ります。その優れた性能を駆使し、本船とタグボート間にタグラインを取り、本船船体を引いたり、またはタグボートの船首を本船につけて押すことにより、大型船舶の着離岸を安全に補助することができます。

早駒のタグボート

弊社は神戸港に3隻、東播磨港に3隻、姫路港に3隻、水島港に1隻 計10隻を常駐させ、各大型ミルバースや姫路LNG受け入れ基地ならびに水島コンビナートバースを始めとし、それぞれの拠点を中心に瀬戸内一円への入出港作業や進路警戒作業、海事作業補助作業等、皆様のあらゆるニーズにお応えします。

タグ乗組員の教育

タグ乗組員は、長い歴史の間に培われてきた操船技術をさらに向上させるべく、日々の努力はもとより、法定検査受講、最新技術講習、操船訓練等を外部による講習、教育で高度な船員育成を行っています。

平成25年10月2日 早徳丸(そうとくまる)が竣工いたしました 

早徳丸と命名致しましたのは奉仕と感謝の精神を持つことで徳を成し、会社や従業員が幸せになるようにという思いからつけられました。また、主機関として2200馬力2基、ニイガタZP-31型にオメガクラッチを装備し操縦性能の一層の向上を図ると共に泡沫及び粉末消化装置を伸縮タワーに装備、ウインドラス兼テンションウインチにグリス密封型を採用し、環境にも配慮した最新鋭曳船として皆様方のご期待に十分お応えできるものと確信いたしております。


神戸港で活躍する「早雄丸」
コンテナ船を引船中の「早風丸」
巨大なLNG船を連携作業で確実に着岸
船内各部をチェックするTVモニター
機動力を生むZエンジンの操縦盤
高馬力エンジン

船舶要目表
   
Copyright(C)2009 Hayakoma unyu All rights reserved